名刺の種類

最近ではパソコンが普及し自分でも簡単に名刺が作れるようになりました。
社会人として名刺を持っているのも当たり前となりたくさんの方々の名刺をもらっていると思いますし、自分自身もたくさんの方々に配っているかと思います。
たくさんの名刺を持っていて、どれが誰の名刺か覚えていますか?相手も同じです。
名刺は相手と会って一番に交換します。
第一印象を与えるものなのです。
そんな名刺なのですが、人とは違ったものだと印象付けにもなりますし、話の話題であったりたくさんの名刺の中から見つけやすかったりします。

今では自分の顔や体の写真が飛び出すようになっている名刺や、木や鉄のような素材で作られている名刺などビックリするような名刺があります。
他にも書かれている絵が立体に見えるものや、名刺を折って組み立てて本当に立体にできるものなど個性豊かなものまであります。

このようなとてもユニークな名刺は海外の方が好んで使っているようです。
日本ではあまり使われてはいません。
これは日本と海外の文化の違いだと言えるでしょう。
海外ではこのようなユニークさは第一印象的に見るとプラスにとらえられます。
しかし日本では「ふざけているのか」と思われてしまうことが多いようです。
謙虚さや真面目さということを重視する日本ではあまり好まれないのかもしれません。

しかし日本でも通用するような、いい印象をあたえることができるちょっとした工夫もあります。
それは名刺の紙質、印刷の仕方、デザインを変えるだけでいいのです。
それだけで同じ名刺でも印象は変えることが出来るのです。